ワンちゃんの吠え癖が治らないのには理由があった!

更新日 : 2020年04月01日

出典:PIXTA

犬が、いつどのような時に吠えているか知っていますか?吠えるたびにただやみくもに「ダメ!」と怒っても実はあまり効果がありません。
今回は犬が吠える原因と対策について、獣医師に詳しく解説して頂きました。

飼い主に対してなにかしてほしいときに吠える場合

【欲求不満、要求】
お散歩に行きたい!構ってほしい!と吠えているなら充分に発散させてあげられると吠えは軽減させられる可能性はあるでしょう。

しかし、吠えて自分の要求が通った経験をしてしまった犬は、吠え癖が悪化する可能性があります。相手をしてあげる場合でも、静かになってしばらくたってからの方が良いでしょう。

【分離不安】
飼い主と離れることに不安を感じて吠えるなら、少しずつ離れる練習をします。数分でも離れていられたら誉めてあげ、根気よく毎日、何回も続けて徐々に離れていられる時間を延ばしていきます。

離れていることに気持ちが集中してしまうと、より不安は増してしまうため、知育玩具やお気に入りのおやつやおもちゃなどで独りでいることから気をそらしてあげられるようになると、そのストレスは軽減される可能性があります。

恐怖や縄張り意識で吠えている場合

【恐怖】
何に怖がって吠えているか特定しましょう。
ある特定の音に反応しているなら、落ち着いている時に小さな音で聞かせてあげます。

この音に対する恐怖や嫌なイメージへの結びつきをさせないために、その子の好きな抱っこやおやつなどを与えながら聞かせてあげてください。

吠えなければ誉めてあげます。小さな音に慣れたら少しずつ大きくしていきます。録音しておくと繰り返し聞かせたり、音の強弱も容易にできますね。

モノを怖がっているなら見えないように目隠しをしてしまってもよいかもしれません。

強いトラウマなどにより、恐怖を感じている場合、慣らすこと自体がその子に大きな負担を与えてしまう可能性もあり、そのことで体調を崩してしまう恐れもあります。あまりに怖がっているようであれば中断も検討しましょう。

【縄張り意識】
自分のテリトリーを主張し、他の人、犬など自分が認めない存在に対して吠えている可能性があります。去勢していない雄犬に多く見られるため、交配させる予定がないなら去勢手術をすると有効な場合もあります。

そうでないなら、飼い主の方が優位であると認識し直してもらいます。簡単なオスワリ、マテはマスターしていますか?散歩の時は飼い主より前に出ていませんか?

飼い主さんの方が優位であるということ、その飼い主さんが言うことには従わなければならないことなど関係を再構築してみましょう。

獣医師からのアドバイス

このほかに、老犬であれば認知症になり、自分でもわからずに吠えている場合もあります。

体の痛みや不快感で吠えている場合もあります。その子の発している何かのサインかもしれません。ひどいようなら獣医師に相談しましょう

その他おすすめのコラム

猫の【てんかん】、知っておきたいその症状や治療法とは?

2020年04月01日

「てんかん」とは、様々な原因により発作を繰り返すことが特徴の脳疾患です。 犬に比べると原因不明の“特発性てんかん”にかかることは少なく、脳腫瘍などの病気の続発としての“症候性てんかん”が主流です。どちらにしても、発作が30分以上長引く場合には、命を落と... 続きを読む

もしも愛犬が「椎間板ヘルニア」になったら……その治療法は?

2020年04月01日

「椎間板ヘルニア」と聞くとヒトに発症するものを想像しがちですが、実は犬でもこの病気にかかる可能性があるのです。今回は犬の椎間板ヘルニアについて、その原因や治療法を獣医師に聞いてみました。 続きを読む

ペットのメンタルの問題?犬や猫の問題行動で チェックしたい3つの症状とは

2020年04月01日

犬や猫などのペットにもメンタルが原因となる問題行動があります。問題行動とは飼い主や動物と関わる人たちが問題と感じる行動のことです。動物の習性として正常なことも、正常の範疇ではない異常な行動もあり一概に精神疾患とくくることはできませんが、行動治療が有効なこ... 続きを読む

知っておきたい、メス犬特有の「子宮蓄膿症」について

2020年04月01日

メスの犬を飼われている方にとって、避妊のほかにも特有の病気などは気になるところ。中でも、老犬ほど発症リスクが高まるといわれ、さらに命に関わる病気として「子宮蓄膿症」には注意が必要です。今回は、この子宮蓄膿症について獣医師に伺いました。 続きを読む