家の中が傷だらけになる前に…猫の爪とぎのしつけ方!

更新日 : 2020年04月01日

出典:PIXTA

あっちこっちでバリバリ…猫の爪とぎは本当に困りますよね。大切な家具や、きれいな壁が台無しですし、騒音も気になるところ。

しかし実は爪とぎには猫たちにとって大切な意味合いがあるのをご存じでしたか?
知っているようで知らない猫の爪とぎについて、そして対策方法について考えていきましょう。

爪をとぐのは猫の本能!爪とぎOKな場所を作ろう

お家の中での爪とぎは飼い主さんにとって大切な家具が傷ついたり、大きなストレスの元になるでしょう。
何とかしたいものですが、本来猫にとって爪とぎは本能としてやっている行動ですので、これをやめさせたら今度は猫にとってのストレスの原因となりかねません。

爪とぎはやめさせるのではなく、家具や家を壊さずにやっても大丈夫な場所でといでもらう、など対策を考えていく必要があるでしょう。また、爪をとぐ理由として考えられているのは、以下の通りです。

・古い爪の外側を取り除いている
・縄張りの主張やマーキングをしている
・自分を見せ付けるパフォーマンス
・武器としての爪を整備
・ストレッチを兼ねて
・出かけるなど何かする前後の儀式的なものとして
きちんとこのように意味があるのですね。

しつけの方法は?猫が好む素材を探そう

猫は一度といだ場所で、何回もやりたがる傾向があります。また目立つものや、それぞれがとぎやすい好みの材質があるようです。

どちらかというと表面がつるつるのものより、爪のひっかかりがよくて、大きな音が出るものがよいようです。

さて、やって欲しくないところで爪とぎをさせないようにするには、始めはちょっと大変ですが、爪とぎを始めそうになったら、素早く市販の爪とぎ等使っても良いものをさっと差し出したり、爪をといでも良い場所に誘導してみます。

好きなタイプの爪とぎがわかったら、いつも爪を研いでしまう家具の場所の近くなどにおいてみるのも良いかもしれません。
また色々な場所で爪とぎの数を今以上に増やすというのも選択肢の一つです。

爪とぎのタイプに関しては、おっ?こっちのほうがいいぞと思ってくれたらしめたものです。いまいちのようであれば材質を変えてみます。猫によって好みがあるようですから、ここは根気よくやってみましょう。

他には、といで欲しくないところを市販のシートで覆ってしまう方法や、猫の嫌がるにおいのするものを塗る(個人的には柑橘系のにおいが嫌がられるような気がします)、猫に鎮静効果のあるフェロモン剤をスプレーする、などの方法があります。

いずれにしろ、猫と快適に生活するためには、爪とぎのしつけは欠かせない事。猫ちゃんに合った方法が見つかるといいですね。

獣医師からのアドバイス

また、爪をとがらせることは飼い主さんを傷つけてしまったりして、現代の家庭内で飼われている猫にとっては爪を鋭くする意味はないので、定期的に鋭い爪も切ることになるでしょう。

しかし、鋭い爪が実は健康状態をチェックするバロメーターにもなるのです。

高齢になって、変形性関節症と呼ばれる、加齢による骨の形の変化で、体の関節に痛みが生じて、いつも通りの動きがとれなくなることがあります。
その際、爪を研ぐ行為すら、痛みにより出来ないために、爪が鋭くならずに丸いままになります。

不便な爪とぎ行動や鋭い爪ですが、このようにきちんと猫にとっては意味のあることで、体の状態を示すサインにもなるのです。上手に猫の特性として付き合っていけたら良いですね。

その他おすすめのコラム

猫の"おトイレそそう"を治す方法とは?

2020年04月01日

どんなにかわいい猫ちゃんであっても、そそうは頭の痛い問題ですね。原因はさまざまですが、やり方次第で改善することができます。どんな場所にしてしまって困っているのか、まずはそそうをしてしまう条件などを分析しましょう。原因や解決方法を見つける近道になるかもしれ... 続きを読む

獣医に聞いた! “吐き方”から分かる猫の病気を知っておこう

2020年04月01日

毛づくろいをする習性がある猫は、ざらざらした舌で体を舐めてキレイにします。抜けた毛を飲み込み胃の中で毛玉になると、それがお腹にたまり吐き出すことがあります。これが「生理的な嘔吐」です。長毛種は週に2~3回、短毛種は月に1~2回のペースで毛玉を吐き出します... 続きを読む

犬のアレルギー性皮膚炎、その治療法は?

2020年04月01日

完治を目指す病気ではなく、できるだけ痒みと炎症のない状態をつくってうまく付き合っていくことが治療の目的となる病気だという、アレルギー性皮膚炎。そのため、飼い主の理解と努力が治療には重要になってきます。 今回は、複数あるアトピー性皮膚炎の治療について... 続きを読む

いざというときに備えて。人とペット、新型コロナ感染症の関係性とその対策

2021年02月05日

新型コロナウイルス感染症は私たちの生活にさまざまな影響をもたらしています。人から動物への感染や動物同士の感染の可能性も示唆されており、ペットをめぐる状況も変化し続けています。感染症流行下でのペットとの生活を守るために知っておきたいことをご紹介します。 ... 続きを読む