犬や猫も新型コロナに感染する?最新の情報を紹介

更新日 : 2020年06月04日

出典:PIXTA

現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は日本を含む世界中で流行しています。

 

動物への感染は起こるのか、動物から人に感染は起こるかについて、2020年5月現在の情報をご紹介したいと思います。

 

新型コロナウイルス感染症に関する情報は日々更新されていきますので、下記にご紹介するものもどんどん新しい内容になっていくと考えられます。

 

ご紹介した機関はいずれも科学的知見に基づき信頼のおける情報を発信しています。これらの機関に定期的にアクセスし、常に最新の情報を得るようにすることをおすすめします。

 

目次

 

犬や猫も新型コロナウイルスに感染するって本当?

日本獣医師会では2020年5月1日時点でのペットと新型コロナウイルス感染症についての見解を発表しています(http://nichiju.lin.gr.jp/covid-19/covid-19_file8.pdf)

 

猫に関しては、新型コロナウイルス に感染した飼い主から感染した疑いのある症例が報告されており、人から猫へ感染する可能性があるとされています。

 

猫から猫への感染する可能性もあることから、飼っている猫を外へ出さず完全室内飼育することが望ましいです。

 

また、フェレットに新型コロナウイルスを実験的に感染させ、急性気管支炎を起こしたという論文も発表されており、感染した飼い主からフェレットへ感染させる可能性もあります(https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1931312820301876)。

 

犬に関しては猫やフェレットよりは発症したとしても症状は軽いとしているものの、海外では飼い主から感染したと思われる事例も報告されています。

 

 

大切なペットにウイルス感染させないために必要なこと

感染した飼い主と生活しているペットが感染する可能性があるので、まずは飼い主自身が感染対策をとることが最も重要です。

 

現在のところ犬や猫などのペットから感染する可能性は低いとされているものの、特に猫は感受性が他の動物よりも高く、猫から猫同士の感染の可能性もあります。

 

猫を外に出さないよう完全室内飼育を徹底することはとても重要です。

 

犬のお散歩は、他のわんちゃん連れの方から2m以上離れ、ソーシャルディスタンスをとりつつ行います(https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/coronavirus.html)。

 

 

ペットが万が一新型コロナウイルスに感染した場合の治療法

現在のところ、動物では新型コロナウイルス感染症に対する有効な治療はありません。

 

家族の方が新型コロナウイルス陽性と診断され、ペットに消化器症状(食欲不振や下痢など)や呼吸器症状(咳・くしゃみなど)など体調不良の徴候がみられましたら、かかりつけの動物病院へ電話相談を行った上で獣医師の指示に従ってください。

 

 

飼い主が新型コロナウイルスに感染した場合

環境省では、感染者の方のペットについて預かり先が見つからない場合はかかりつけの動物病院へ相談を、と呼びかけています。

 

東京都獣医師会からは実際に新型コロナウイルス感染者の方のペットをケアする際の取り扱い方法についての指針が示されていますので、ぜひご覧ください。

 

東京都獣医師会「新型コロナウイルスに感染した人が飼っているペットを預かるために知っておきたいこと(Ver.2)

 

 

不明なことが多い新型コロナの動物への影響、公的機関から最新情報を取得するようにしましょう

新型コロナウイルス感染症に関してはさまざまな情報がテレビやインターネットで流れています。

 

中には科学的とはいえない情報もありますので、信頼できる機関から最新の情報を得るようにしましょう。

 

ペットや動物に関する新型コロナウイルス感染症情報取得におすすめの公的機関のリンクを以下に紹介します。

 

日本獣医師会http://nichiju.lin.gr.jp/covid-19/

各都道府県獣医師:東京都獣医師会 https://www.tvma.or.jp

環境省https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/coronavirus.html

 

 

まとめ

新型コロナウイルス感染症は2020年5月現在、世界中で流行しており、ペットへの感染をうかがわせるような事例も発生しています。

 

ペットを守るためにはまずご自身が感染しないように気を付けることが最も大切です。

 

もし感染してしまった場合はかかりつけの動物病院の先生などに電話相談したり、新型コロナウイルス感染者の方のペットをケアしてくれるサービスなどを利用して乗り切りましょう。

その他おすすめのコラム

愛猫のサインを見逃さないで! 痒みをともなう【アレルギー性皮膚炎】について

2020年04月01日

猫の「アレルギー性皮膚炎」は痒みをともない、掻きむしると治りも悪くなるため、とてもやっかいな病気です。そんなアレルギー性皮膚炎の原因や症状、治療法について、獣医師に解説してもらいましょう。 続きを読む

愛犬のおしっこの回数がいつもと違う、気をつけるべきこと

2020年04月01日

犬を飼っている方にとって、愛犬は家族同然。体調がいつもと違うと心配ですよね。トイレの回数は健康状態を見るときに気になるポイントかと思います。 今回は犬のおしっこが多い / 少ないときに気をつけたいことを獣医師に深く聞いてみました。 続きを読む

飼い主が病気になったときのペットとの接し方

2020年06月04日

  ペットは飼い主さんがお世話してあげないと生きていけません。手が掛かるというところも可愛いポイントの一つですよね。   しかし、いつ何が起きるかはわからないもの。飼い主さん自身が体調を崩してしまった時に誰にペットをお願いするか日頃から決めておくこ... 続きを読む

ネコの脱毛による相談について、原因や注意すべき点とは?

2021年10月28日

動物病院ナビ&獣医師相談では会員様より毎日獣医師への相談を受け付けています。直近で寄せられた相談をピックアップしてご紹介します。 今回は飼い猫の脱毛についてです。ふと気づくと身体の一部分の毛が抜け落ちていたという経験がある飼い主も少なくないようで多くの... 続きを読む