猫ちゃんの目の中が白く濁っている、それって【白内障】かも!

更新日 : 2020年04月01日

出典:PIXTA

「白内障」とは、目の中にあるレンズの役割をする水晶体が白く濁ってしまう病気です。よく見てみると、目の中が白くなっているのが確認できます。犬や人に比べるとまれですが、猫も白内障になることがあります。今回は、その原因や治療法について獣医師に解説してもらいます。

先天性? それとも後天性?

猫における白内障の主な原因は詳細不明と言われていますが、ほかの猫とのケンカによる外傷、ほかの目の病気(ぶどう膜炎や網膜剥離など)、もしくは全身の病気(糖尿病や高血圧、感染症など)が挙げられます。
加齢性の変化としてみられることもあります。

こんな症状に要注意!

両目に白内障が進行すると、目が見えないため、馴染みのある場所でもあまり動かなくなったり、壁にぶつかったりすることがあります。階段を登ったり降りたりすることに対して慎重になったりそうした動きをしたがらなくなったりします。

しかし白内障によるこういった行動や性格の変化は、症状が重度になってはじめて気付くことが多いため、発見が遅れてしまうことも珍しくありません。白内障と診断された場合、フードやトイレの場所など猫が普段過ごす場所の家具の配置などは変えないようにすることが大切です。

猫の白内障は治せるの?

初期の段階であれば、目薬の処方で様子をみて進行しないことを確認します。また原因が明らかな場合は、そちらの疾患の治療をすることで進行をとめられる可能性があります。

しかし一度、重度の白内障になってしまうと、目薬や内服薬で治すことはできません。その場合は、手術前に十分な検査をした上で、水晶体を摘出する外科手術を行うこともあります。ポイントは、一度重度の白内障になってしまうと手術以外で白内障が治ることはないということです。

獣医師からのアドバイス

猫の白内障は、ほかの猫とのケンカによる外傷や、ほかの病気が原因で発生することが多いといわれています。多頭飼育の場合は、ほかの動物とケンカなどをしていないか、また感染症などの予防はできているかを確認してください。糖尿病や高血圧など白内障を起こしやすい病気についてもチェックが必要です。

また、“目が白い=白内障”と判断して様子をみていて、実はほかの病気が隠れていることが少なくありません。しっかり猫と“アイコンタクト”をとって早期発見をし、異常を感じたらすぐに獣医に相談してください。

▪参考文献
・Cornell University College of Veterinary Medicine

その他おすすめのコラム

犬の尿石症、その治療法は?

2020年04月01日

犬も人間同様、さまざまな内臓疾患に罹りやすく、そのためペットの健康管理には食生活を含めたライフスタイル全般を人間が注意を払ってあげる必要があります。そんなペットの内臓疾患より今回は、犬の尿石症について獣医師に伺いました。 続きを読む

犬の咳は病気のサイン!? 考えられる咳の原因とは?

2020年04月01日

もしも愛犬が咳をしていたら、「風邪をひいたのかな?」と思いますか? 犬の咳は一般的に喉・気管・肺といった呼吸器の異常を示す症状のひとつですが、実は呼吸器以外の異常のサインであることもあります。 今回はこの犬の咳について、獣医師に解説していただきました。 続きを読む

自分より立場が上って思ってる!アルファシンドロームについて知りたい!

2020年04月01日

愛犬が自分より立場が上だと思ってる…そう悩む話を聞いたことがあります。そんな状態をアルファシンドロームと呼びます。 今回のテーマはアルファシンドロームです。獣医師にアルファシンドロームを起こしてしまう行動などを聞きました。 続きを読む

犬の涙や目やにが出る原因は?予防法と治療法

2020年10月06日

「目やに」はわんちゃんを飼っている方にとっても身近なお悩みの一つかもしれません。目立つ場所ですし、気になってしまいますよね。   今回は目やにや涙が多くなる原因や予防について獣医師がご紹介します。   目次 犬が涙を流すのは病気?その原... 続きを読む