犬猫は寒さに強い?ペットの防寒対策を解説!

更新日 : 2021年01月08日

出典:PIXTA

寒い季節になってきました。寒くなってくると気になるのが室温の管理です。人間が心地よいくらいの温度でペットも快適なのか、もっと暖かくした方がいいのか心配されている飼い主さんも多いと思います。

 

今回は獣医師がペットと冬の室温管理についてご紹介いたします。

 

目次

 

ペットは寒さに強い?弱い?

ペットは寒さに強い?弱い?

 

人間と比べると、犬や猫などのペットは寒さに比較的強い動物といえます。

 

犬の場合

犬の場合は、概ね20~24度くらいがちょうど良いとされています。

 

動物病院では「夏などは人が半袖では肌寒いくらいの室温にしてください」と説明しています。そのため冬も、人が汗をかくくらい温めてあげる必要はありません。室温も25度を超えないくらいがいいでしょう。

 

猫の場合

猫は犬よりも高い気温に順応できるイメージがあるかもしれませんが、猫の場合でも、やはり冬でも室内が28度は超えないほうがいいでしょう。

 

犬の場合でもでも猫の場合でも、人間があたたかいと感じるくらい気温を高くしたとしても、ペット自身の意思で暖房の効いている部屋と効いていない部屋を行き来できる環境であれば問題ないと考えられます。

 

 

犬の寒さ対策はどうする?

犬の寒さ対策

 

屋外飼育の犬の場合、自分で温まることができるように雨風をしのげる犬小屋を用意してあげ、中に毛布を敷いてあげるとよいでしょう。屋外では布製品も汚れやすいので、こまめに洗って清潔な毛布にくるまることができるようにしてあげてください。真冬は気温がグッと下がるため、可能な限り屋内に入れてあげると体への負担が少なくなります。

 

室内飼いの場合は、エアコンなどで常に犬の適温を維持し、暖房の効いた部屋とそうでない部屋、もしくは暖まりすぎないスペースとを自分の意思で行き来できる環境を整えることが理想です。また、毛布や、寒がりの子の場合はペットヒーターなどをいつでも使えるようにしておくといいでしょう。外の気温次第では、お散歩の際に保温性のある洋服を着せてあげるのもおすすめです。

 

 

猫の寒さ対策はどうする?

猫の寒さ対策

 

基本的には猫も犬の対策と同様です。エアコンなどで室内の適温を維持し、暖房の効いていない部屋やスペースへの通り道も確保しておきましょう。

 

朝方など特に冷え込む時間帯には自分から飼い主の布団に潜り込んで、温まると出ていく猫もいますね。自分から布団に入ってきたのにすぐに出ていかれるとなんだという気持ちになりますが、猫は人に比べて体表面積が大きいので、人間よりも体が冷えやすく温まりやすいのです。

 

 

ペットの寒さ対策で役に立つグッズ

ペットの寒さ対策グッズ

 

寒さ対策では、ペット自身が温まりたいときに利用でき、暑くなったらすぐ離れることができるような防寒グッズを用意しておくといいでしょう。

 

具体的にはペットヒーターや毛布などが挙げられます。ペットヒーターは温度を調整できるものが多いので、その日の気温などに応じてこまめに温度を設定しましょう。ケージの中などに置く場合は、必ずヒーターのないスペースを確保し、低温やけどには十分注意するようにしましょう。

 

ただ、一部の犬猫や小動物はペットヒーターのコードをかじってしまうこともあるので要注意です。

 

例えば、ウサギは何でも齧りますが、特にコードを集中的に噛む子も多く予防が大変です。ホームセンターや百円ショップなどで販売されているコードチューブを巻くと、手軽に保護することができます。動物の噛む力はなかなか強いので、こまめにコードチューブが齧り切られていないかチェックすることが必要です。

 

 

寒い時期に気を付けたいペットの体調不良

犬や猫は基本的にはある程度の寒さには順応できる動物です。しかし、高齢だったり幼かったり持病がある際は注意が必要です。

 

赤ちゃんや高齢のペットは体温調節能力が未熟だったり低下していたりしますし、甲状腺機能低下症などの病気を患うペットも低体温症になりやすいことが知られています。

 

こうしたリスクのあるペットたちは基本的には屋外飼育はせず、保温を積極的に行いながら管理していきます。

 

 

まとめ

ペットは人間のように自分で服を着脱することができません。その分、エアコンやペットヒーターなどの道具を使って環境調整をしていきましょう。

 

ポイントは、ペット自身が好きなように温度調節できるような部屋作りです。人もペットも快適な環境で、寒い冬もストレスなく元気に乗り切りましょう。

その他おすすめのコラム

室内のここに注意!猫のストレスポイント

2020年04月01日

猫はデリケートな生き物です。人間と同じようにストレスを感じ、放っておくとさまざまな病気を引き起こす可能性があります。また、意外と私たち人間にとっては何ともないと思っていたことでも猫にとっては大きなストレスになっていることも……。可愛いペット、猫がストレス... 続きを読む

ペットのメンタルの問題?犬や猫の問題行動で チェックしたい3つの症状とは

2020年04月01日

犬や猫などのペットにもメンタルが原因となる問題行動があります。問題行動とは飼い主や動物と関わる人たちが問題と感じる行動のことです。動物の習性として正常なことも、正常の範疇ではない異常な行動もあり一概に精神疾患とくくることはできませんが、行動治療が有効なこ... 続きを読む

吠え方でわかる?犬はどんなことを考えているの?

2020年04月01日

犬はとても感情豊かな動物です。「クンクン 」と鳴くのは甘えたいときで「抱っこして!」と訴えています。悲しそうな「キューンキューン」は甘えたいけれどかまってもらえないのがわかっているときに出す声。たとえば、これから留守番しなければいけないと気づいたときです... 続きを読む

飼い主が病気になったときのペットとの接し方

2020年06月04日

  ペットは飼い主さんがお世話してあげないと生きていけません。手が掛かるというところも可愛いポイントの一つですよね。   しかし、いつ何が起きるかはわからないもの。飼い主さん自身が体調を崩してしまった時に誰にペットをお願いするか日頃から決めておくこ... 続きを読む