温度や風向きは?ペットが快適に過ごせるエアコンの使い方

更新日 : 2020年07月09日

出典:PIXTA

暑さが続くこの季節、つらいですよね。

 

わんちゃん猫ちゃんは人間よりも暑さや寒さに強いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。特に、わんちゃんは暑さや湿度に弱いのです。

 

この記事では、ペットが快適に過ごすことのできる温度や湿度に加え、留守番のときのエアコンの使い方などをご説明します。ぜひ参考にしてください。

 

目次

 

ペットのいる家庭で冷房を使用する目安

ペットの冷房使用目安

 

わんちゃんや猫ちゃんは、温度や湿度などの環境条件を一定に保つ必要のある研究施設のような場所では、温度が18~28度、湿度は40~60%が基準とされています。

 

高温多湿な夏に気をつけたい熱中症は、温度25度以上、湿度60%以上で発症のリスクが高くなると言われています

 

このような状況になったら、常に温度や湿度がそれ以下になるように空調を入れる必要があります。

 

一般的な家庭では、わんちゃんでは温度は22~24度くらいで湿度50%前後がよいと思います。

 

飼い主さんには"常に人が肌寒く感じるくらいがワンちゃんにはちょうどよい室温です"とご説明しています。

 

わんちゃんや猫ちゃんの体格や年齢、品種、体質などによって快適と感じる温度は異なってきますので、上述の温度・湿度を参考目安として、様子を見ながら調整してあげてください。

 

 

お留守番のとき、エアコンはどうする?

高温多湿な時期に、人が留守にするからといってエアコンを切ってペットにお留守番をしてもらうのは危険です。

 

近年は猛暑になることも多く、人より暑さに弱いわんちゃんは室内にいても熱中症になる可能性が高いため、お留守番中もエアコンをつけっぱなしにしてあげることをおすすめします。

 

また、新鮮なお水がいつでも飲めるようにしてあげることと、もし寒すぎれば自分で潜り込んで体を温められるようにタオルやペット用のソファなどをエアコンの風があたらない場所に作ってあげるのもよいでしょう。

 

 

ペットが冷えすぎることはない?

 

エアコンの涼しい風が体にあたり続けると、わんちゃんや猫ちゃんの体にも負担がかかります。

 

可能であれば、ペット自身がエアコンの効いた部屋とそうでない部屋を自由に行き来できるような環境を作ってあげるといいかもしれません。

 

エアコンの効いた部屋のみで過ごす場合も、風が当たらない場所を作ってあげて、わんちゃんがもし寒すぎると感じても心地よい場所を選べるようにしてあげましょう。

 

また、空調以外にも、冷却マットやフローリングなど、横になった時にひんやりとするような場所をつくっておいてあげるのもよいでしょう。

 

フローリングのおうちの場合は滑らないように、定期的に爪の長さをチェックすることも重要です。

 

 

温度や風向き、エアコン使用のポイント

わんちゃんの場合は人や猫よりも暑さに弱いので、人が肌寒く感じてしまうほど冷やしていただくのが理想です。

 

だいたい温度は22~24度くらいで、湿度は60%を超えない程度、50%前後を常に保ってあげるといいでしょう

 

 

筆者の勤める動物病院のわんちゃん用入院室はそのくらいの温度・湿度で設定しています。お世話や処置のために入ると半袖のスタッフでは鳥肌が立つこともあるほどです。

 

猫ちゃんの場合でも湿度は60%以下に保ちつつ、室温は28度以下(筆者個人は25度くらいを保つようにしています)にしてあげてください。

 

風量もペットの体に直撃しないようにあまり強くならない設定にするか、風量を強めにする場合でもペットに当たらない場所に風向きを調整することをおすすめします。

 

 

ペットのためにもエアコンのお手入れを

夏はペットにとってエアコンは必須になります。

 

電気代も大変ですが、ペットの健康を守るためにも真夏は24時間かけっぱなしにするつもりで空調を整える必要があります。

 

エアコンも時間が経つとフィルターに埃やカビなどが付着して汚れてきますので、機種によって差はありますが定期的にクリーニングしましょう。

 

 

まとめ

わんちゃんや猫ちゃんは動物なので、人より暑さ寒さに強いイメージがあるかもしれません。

 

しかし実はそんなことはなく、特にわんちゃんは人よりもだいぶ暑さや湿気に弱い動物です。そのため、室内の環境管理はもちろん、お散歩の時間も工夫する必要があります。

 

日が出てくるとコンクリートも熱くなり肉球を火傷することもあるので、早朝や夕方など涼しい時間を選んでお散歩したり、日が出ているときはわんちゃん用の靴下を履かせるなどして、火傷しないように対策することが大切です。

 

人もペットも暑さに負けないように十分用意して、夏を楽しみましょう。

 

参考:

「実験動物の飼養及び保管等に関する規準」についての日本実験動物環境研究会改正案:https://www.jslae.jp/societies-j/kaisei.pdf

その他おすすめのコラム

犬の白内障、その治療法は?

2020年04月01日

白内障手術の日帰り入院という話を聞いたことがあるかと思いますが、犬では簡単に治療できるものではなく完治が難しい病気です。犬は嗅覚が発達しているため、視力が弱くても生活に不自由しないことがあります。飼い主さんが気づいた頃には白内障がかなり進行していたという... 続きを読む

愛犬の「免疫介在性溶血性貧血(IMHA)」ってどんな病気?

2020年04月01日

ワンちゃんに発症することのある、免疫介在性溶血性貧血(めんえきかいざいせいようけつせいひんけつ)は、IMHAともいい、自分の赤血球に免疫反応が起きる病気です。赤血球が壊され、赤血球が不足してしまう貧血症なのです。 今回はこの、免疫介在性溶血性貧血に... 続きを読む

猫のトイレ・ハイ…トイレ後に急にテンションが上がるのはなぜ?

2020年04月01日

先日、猫好きのスタッフが動画を紹介してくれました。 ≪猫 深夜2時のトイレハイ≫ (YouTubeより) 真夜中にトイレを終えた猫がハイテンションでかわいいと興奮気味に伝えてくれました。 どうして猫はトイレの後に急に元気になるのでしょ... 続きを読む

【獣医師に聞く】夏の動物病院に寄せられる相談や症状は?

2020年08月19日

夏の暑さは動物の体にとって大きなストレス。熱中症や胃腸炎など季節柄多くなる病気のほかにも、心疾患などの持病が悪化する可能性があり注意が必要です。   今回は、この時期に動物病院を受診するペットたちに多い病気や症状について説明していきます。   ... 続きを読む